スペキュロス的食メモ

”食べること”に興味あり。食から季節や文化を感じながら暮らしたい。

8020・日本橋いづもや-三越店

「8020」という歯科における目標をご存知ですか?

80代になっても自分の歯を20本以上維持して健康な生活を送ろうというスローガンの数字です。「9020」というのもあります。

 

この度、母が居住している台東区から「8020」の表彰をされることになり、表彰式に行ってきました。

 

 

f:id:kao0707:20190722071227j:plain

この方は「9020」を代表して賞状を受け取った90代の男性。

最前列の方々は皆さん90代。

 

「8020」「9020」の取り組みの成果か、はたまた昨今の市民の意識の高さか、

「8020」の人の割合は、2000年代初頭に10数%だったのが、現在50%以上だそうです。

 

「8020」「9020」それぞれの代表が賞状を受け取り、あとは区長が一人一人座っているところを回って賞状を手渡し。

足元が心配なお年寄りに配慮、目上の方のところへ目下の区長が出向く、といったところでしょうか。。。

賞状を手渡し、一人と握手し、一票をよろしくの選挙運動みたいでしたが。。。

 

70人程の出席だったので、数回に分けて記念撮影。

 

f:id:kao0707:20190722071317j:plain

 

母は区長と台東歯科医師会会長を両脇に従えたセンターの席に何故かちゃっかりご着席。

大事にされていました。

良かったね!

----------------------------------------------------------

 

母と妹たちをお茶した後、銀座線に乗って三越前下車。

 

地下のイートイン、日本橋いづもへ行く。

f:id:kao0707:20190722071342j:plain

老舗の美味しい鰻を一寸だけ、しかも気軽に食べられるので、ここは便利。

うな丼、2160円也。

 

これで土用の鰻はいいでしょう。

 

--------------------------------------------------

 

ここイートイン限定メニューで、

特大うな重・肝吸い付き 3450円というのがあります。

f:id:kao0707:20190722080557j:plain

うな丼の3倍はありそう。

一日10食限定。

毎朝9:45から、三越の入口、銀座線口で整理券を配布している模様。

 

カニ入り炒飯

睡眠時間は足りているが、寝る時間がめちゃくちゃで規則正しい生活を送るのに四苦八苦している私。

夕方、猛烈に眠くなり、慌てて歯を磨き、ベットへ。

夜中2時近くに目が覚める。

睡眠ゴールデンタイム22時~2時に寝ることが出来て満足。

一仕事した後、気になっていた残り御飯を整理すべく料理。

お冷御飯&ジャーで固くなってしまった御飯、葱、玉子、冷凍ほうれん草、冷凍グリンピース、カニ缶でチャーハン。

カニ缶は3缶700円位のお手軽なもの。

f:id:kao0707:20190715062542j:plain

 

そう言えば、“貧乏な人は高価な魚類は缶詰で代用して摂取している”みたいな記事を読んだばかり。

でも、これを使い、いつもと違う気分のチャーハンになって満足です。

 

f:id:kao0707:20190715062650j:plain

朝もはよからお腹いっぱい。

今日一日分の炭水化物は摂取した模様。

杏のコンポート

今年も生活クラブ&COOPから生あんずが届きました。

何だか忙しい毎日なのですが、頑張って毎年恒例の杏のコンポート(ジャムほど甘くない)を作りました。

 

f:id:kao0707:20190707232425j:plain

 

洗って水気をよくふき取り、二つに割って種を取り除きます。

ひとつひとつ丁寧にふき取ったり、種を除いたりしていると、イライラしていた気分が落ち着いてきます。

 

☆☆☆

杏の実を見ていると、今はなき実家の庭に植わっていた杏の木を思い出します。杏の花が満開になると、へたくそな油絵を描いていました。その時は実が成っても自然のまま、放置していましたね。

☆☆☆

 

 

f:id:kao0707:20190707232522j:plain

ヘタや傷んだ部分を取り除いた実の部分。

1100gありました。

 

f:id:kao0707:20190707232557j:plain

300gグラニュー糖を加え1時間放置。

 

☆☆☆

私がグラニュー糖を使うのは、この時とオレンジの皮を煮る時だけ。

いつも使っているお砂糖は生活クラブの素精糖。

f:id:kao0707:20190707234750j:plain

でも、これだって料理でほとんど使いません。

パンを焼く時、だし巻き卵を作る時、黒豆や小豆を煮る時 くらいでしょうか。

卵は臭みがあるので、素精糖が合うと思っています。

あとはたいていみりんのお世話になります。

☆☆☆

 

f:id:kao0707:20190707232640j:plain

弱い中火でまずグラニュー糖を煮溶かし、そのまま15分間煮ます。

 

f:id:kao0707:20190707232737j:plain

出来上がり!

 

f:id:kao0707:20190707232812j:plain

熱いうちに瓶詰めし、逆さに立てて冷まします。

 

f:id:kao0707:20190707232845j:plain

瓶に詰め切れなかった残りは、白玉を茹でて一緒に頂きました💛

 

生から自分で作ったのは味も風味も全然違います。

赤い種のゴーヤ

子供の頃には馴染みがなかったけれど、今は普通に食べている野菜はいっぱいある。

オクラ、ズッキーニ、ブロッコリー、、、ミニトマトだってそう。

オクラは大学3年の人類学のフィールドで奄美大島に行った時に初めて食べたっけ。

そう言えば、去年ロマネスコなる野菜も初めて食べた。

 

f:id:kao0707:20190625094434j:plain

ロマネスコ

 

ゴーヤ・モロヘイヤ・つるむらさき この3点もやはり子供の時にはお目にかからなかった個性の強い夏野菜。

常食はしていない。 

シーズン中に一回は食すことにしている。

 

 

ゴーヤが生活クラブから届き、ゴーヤチャンプルーを作ろうと縦ふたつに割ったらこんなでびっくり!

f:id:kao0707:20190625093520j:plain

 

鮮やかな赤い種。

なんかの間違いか? 食べて大丈夫か?(種は食べないけど。。。) など頭をよぎったが、

朝だったので、朦朧としていて、思考力は働かず、朝食の献立を変える気力・体力もなく、

一気に予定のメニューを作る。

 

「出来たよ~。

 は~い!

 いただきま~す💛」

で食べちゃってゴーヤチャンプルーの絵はありませぬ。

なかなか美味しく出来ました。

 

後で調べたら、ゴーヤは熟すと種が赤くなるらしく、もっと熟すと実もあかくなるらしい。種が赤くても、いつも通り使って大丈夫なのでした。

 

来週はモロヘイヤが来る予定。

 

柿の葉寿司

我が家のベランダの柿の木は 相変わらず、実をつける気配は全くないが、

今年も元気にたくさん葉が繁り随分大きな葉になってきた。

 

f:id:kao0707:20190621013601j:plain

息子が出張で帰ってきているので、柿の葉寿司を作ることに。。。

 

 

f:id:kao0707:20190621013647j:plain

f:id:kao0707:20190621013713j:plain

しめ鯖で10個、スモークサーモンで10個 完成!

いくら葉が大きくなったとはいえ、ベランダで育っている華奢な葉っぱ。

しめ鯖は二枚重ねで、ラップの力をお借りして作り、

サーモンは大きい葉っぱ一枚で、サイドから御飯が見える状態でやはりラップのお助けを借りて作る。

 

f:id:kao0707:20190621013742j:plain

5個ずつつけて 豚汁と枝豆とともに頂く。

軽く握ったつもりだったが、やはり握った御飯はボリュームがあり、半分食べたところでお腹が苦しい。

 

京都産のしめ鯖に王子のスモークサーモンなので美味しかり。

手間をかけるのだから、いい材料で作りたい。

 

水無月

もう 6月ですね。

 

6月、水無月、といえば “水無月

f:id:kao0707:20190603012137j:plain

白い三角形のういろうが 氷を表しています。

6月30日、夏越の祓いに京都の人はこの“水無月”を食べるのだそう。

 

あれこれ食べ尽くしたわけではありませんが、仙太郎の水無月は美味しいです。

白・黒・抹茶とあり、黒糖の黒が私は一番好きです。

f:id:kao0707:20190603012207j:plain

もうこうなると、「氷を表現」云々からは一寸逸脱していますが、美味しさ追求といったところ。

5月にはもう売っていたし。。。

5月にはもう買って食べていたし。。。

 

鮎も解禁前と大きく赤赤と表示して売っていました。

f:id:kao0707:20190603013413j:plain

洒落っ気たっぷり仙太郎。

 

 

ここで私の鮎コレクションをお目にかけましょう。

 

f:id:kao0707:20190603014126j:plain
f:id:kao0707:20190603014154j:plain
f:id:kao0707:20190603014220j:plain
左から仙太郎・曙・風流堂
f:id:kao0707:20190603014247j:plain
f:id:kao0707:20190603014348j:plain
f:id:kao0707:20190603014440j:plain
左から岐阜玉井屋・武蔵製菓・茂助
f:id:kao0707:20190603014549j:plain
f:id:kao0707:20190603014611j:plain
一寸変わったところで、左から梅花亭 鮎の天ぷら・俵屋吉富 鴨川あゆ

 食べ尽くしていないと言いながら、結構食べてますね。

 

偶然、村上開新堂のロシアケーキに出合う💛

今日は芸術劇場でモダンタイプのパイプオルガンの試奏をしてきました。

 

f:id:kao0707:20190527204651j:plain

これがそのパイプオルガンです。

 

6人1グループで一人10分の演奏時間。

他の5人の方々はオルガンシューズを持参するようなプロみたいな人達ばかり。

えっ!? 今日はそういう集まりだったの? 

私はパイプオルガン初体験、ピアノで練習してきただけ。

 

初めてのパイプオルガンと大きなホールに完全に上がってしまい、

へたくそがさらにしどろもどろ状態となってしまいました。

両手の演奏と別に足だけ演奏し、時間もちょっと超過して、終了。

ガックリ疲れました。

もっと練習しておけばよかったと馬鹿な反省。

 

大きなホールにへったくそなオルガンの音がジャーンと鳴り響いて、状況的には笑える絵だったかもしれません。

 

f:id:kao0707:20190527210748j:plain

こちらは前の人が演奏している時に待機している裏側。

そう、モダンタイプの裏側はバロックタイプのパイプオルガンなのです。

裏側になっている時は音が出ないので、待っている間、これで指の練習をしました。

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

帰りがけ、

明治屋のパンを買おうと思い、渋谷東急本店に寄る。

大食品祭をやっていて

京都の村上開新堂のロシアケーキが100個限定で販売されていました。

勿論購入し、うちでお疲れ様のお茶をしました。

f:id:kao0707:20190527212400j:plain
f:id:kao0707:20190527212430j:plain

💛

 

 

ベランダの枇杷

今年の枇杷は何時になく大きな実を結びました。

だいぶ色づいてきたところ。

明日あたり一つ頂こうかな。

鳥に食べられないうちに。。。

 

f:id:kao0707:20190526003346j:plain

 

先日の大雨と風の時、

ヒョロヒョロの枝がかなり揺れていたので、枝が安定する場所に移動。

ばっちり撮影出来ました。

 

 

 

チーズケーキ放浪

5/4 

明日は子供の日だし、

息子が帰ってきているし、

一寸チーズケーキが食べたいなぁと思ってクリームチーズを買っておいたし、

チーズケーキを焼くことにした。

 

チーズケーキを焼くのは凄く久しぶり。二十数年ぶりくらい?まあそれは言い過ぎかもしれないけど、レシピは息子の幼稚園時代のバザーで教わったもの。モロゾフのチーズケーキのような味に出来上がります。(と言っても最近のモロゾフの味は知らない…二十数年前のモロゾフのチーズケーキのような味に出来上がります。)

 

材料

<外側>               <内側>

小麦粉  150g            クリームチーズ  200g

バター  75g              バター      25g

卵    2/3個            小麦粉      大匙1

砂糖   35g             卵        2個

                   生クリーム    100㏄

                   砂糖        90g

                   レモン汁     小匙2

                   レモンの皮のすりおろし 少々

 

①小麦粉の中に小豆大にしたバターを入れポロポロに混ぜる。

②砂糖を軽く混ぜ、卵で固さを調節しながら耳たぶ位の軟らかさにし、冷蔵庫で30分寝かせる。

クリームチーズを冷蔵庫から出しておく。

--------------------------ここで私はお風呂タイム--------------------------

④17~18cmの型にキッチンペーパーを敷き、(バターを塗って、小麦粉を叩くでもよい)その上から、寝かせておいた生地の半量を底に敷きつめ残りを型の周囲に張り付ける。(生地は全部使わなくてもよい。)

クリームチーズをボールに入れ、練り、バターと混ぜ合わせる。

⑥砂糖・卵・生クリーム・小麦粉を加えて混ぜる。・・・流石に砂糖90gは多いと感じ、量を減らす。なんせ、二十数年前のレシピだもんね。

⑦レモン汁・レモンの皮のすりおろしを加え、型に流し込む。

⑧オーブン170℃ 40~50分で焼く。

 

以上ですが、

お風呂に入ってリセットしたのがいけなかったのか、

はたまた、息子とおしゃべりしながら作っていたのがいけなかったのか、

クリームチーズの方に、卵2個入れるのをすっかり忘れたままオーブンへ・・・

20分位焼いたところで気が付くも時すでに遅し・・・

 

で、出来上がったのが コレ!!

f:id:kao0707:20190511000243j:plain

結構、美味しそうではあります。

そりゃ、クリームチーズ&バター&生クリームを混ぜて焼いているのですから、味が悪いわけない。

 

二人で一切れずつ。

残りをどう消費するか?

で 時々焼いたパンを消費して下さるご近所さんに 図々しくも失敗作を進呈。

お礼に頂いたのが、お庭の薔薇。f:id:kao0707:20190511015523j:plain

海老鯛ね💛

 

 

しっかし 卵を入れ忘れた失態をリカバーしたいという思いが・・・

同じものをもう一回焼く気にはなれず、辻口博啓さんの「ちゃんと作れるスイーツ」というムック本を眺める。

ベイクトもスフレも載っているけれど、バザーレシピより大変そう。

スフレタイプにいたっては到底私には作れそうもない。難易度は上級マーク。

そうだ💡 モンサンクレールにチーズケーキを買いに行けばいいんじゃん!!

ベイクトもスフレもね💛

ということで ストレッチバレエで自由が丘へ行く時、モンサンクレールに寄ることにする。

 

・・・私の思考は次へ次へと展開?していくのが特徴・・・

 

5/8

ストレッチバレエの後、てくてくとモンサンクレールへ。

目黒通りのそばなので、わりと歩く。

なんと、(水)定休・・・また この パターン! なんで?!

 

5/10

またまたモンサンクレールへ。

ケーキのウィンドウを見るもチーズケーキらしきものがない。

「チーズケーキは?」とお尋ねすると、

「チーズケーキ、チーズケーキしたものはないのですが、クリームチーズのムース🌸🌸🌸の上にココナッツの🌸🌸🌸がのったものが一番近いのではないかと…」と何だか凝ったケーキしかない。

またまたミッション遂行ならずか?

 

生ケーキコーナーの隣に一週間日持ちする箱入りのスフレタイプのチーズケーキ有。

 

やれやれ😥でした。

 

 

薄々思っていたのだけれど、今、チーズケーキって流行っていない?

家に帰ってムック本を確認すると2002年発行。

バザーレシピに至っては1990年代。

 

 

 

f:id:kao0707:20190511000340j:plain
f:id:kao0707:20190511000359j:plain

一週間日持ちの ❝フロマージュ カンパーニュ❞

 

 

f:id:kao0707:20190511000424j:plain

ほろッと崩れる チーズスフレ、美味でした。満足。

 

 

空豆じゃこ御飯

京都の大学で教鞭をとっている息子。

いつもは祝日でも授業があったりする大学。(そうしないと文科省指定のの授業数が消化できず、夏休みにずれ込んだりするから)

去年のゴールデンウィークは確かそんなこんなで帰ってこなかったと思う。

今年は上から休むようにお達しがあったそうで10連休となり、帰ってきている。

 

なもんで、空豆を奮発し、空豆じゃこ御飯を作った。

f:id:kao0707:20190504221238j:plain

大量のじゃこを多めのごま油でカリカリになるまで炒め、酒・みりん・醤油・柚子胡椒・粉末昆布味付けし、茹でて皮を剥いた空豆とともに白いご飯に混ぜる。

 

この御飯だけでかなりボリュームがあり、豆腐&若布の御御御付け、帆立&大根サラダに 春キャベツの千切りをたっぷり食べたかったのでシュウマイを付けたが、私にシュウマイは余計だったかも。苦し~......

 

空豆じゃこ御飯は季節を楽しむ御飯としてお勧め💛

 

空豆じゃこ御飯ー

御飯2合分

空豆 8~10鞘ぐらい

ジャコ 40g

酒 10㏄

みりん 小さじ1/2

醤油 小さじ1

柚子胡椒・粉末だし昆布 少々

 

  

白金台・利庵/La Farine

4/27(土)

青山墓地へお墓参りの帰りにすごく久しぶりに利庵に寄りました。

もうつぶれてなくなっているんじゃないかと思いながら。。。

 

f:id:kao0707:20190430080247j:plain

大丈夫でした。

自分的、お蕎麦屋さんの定番、玉子焼き&せいろ。

 

f:id:kao0707:20190430080315j:plain

 

f:id:kao0707:20190430080343j:plain

ここ数年、お蕎麦と言えば砂場オンリーだったので、

何だか新鮮なご対面。

一寸、短めの手打ち蕎麦。

つゆは濃くもなく甘くもなく、普通で美味しい。

玉子焼きも普通に美味しい。

今や、普通に美味しいところを見つけるのが至難の世の中。

満足なお昼を済ませ、帰宅。

私達が帰る頃には席待ちのお客さんが並び始め、このお店、なくなる心配は今のところ無さそう。

 

--------------------------

 

車を止めて、お蕎麦屋さんへ向かう途中、丁度こんな看板を出しているところに出くわしました。

 

f:id:kao0707:20190430080424j:plain

限定50個!

帰りに寄ったらもうなくなっている可能性だってある。と思ったらマドレーヌ6個お買い上げしていました。

 

f:id:kao0707:20190430080550j:plain

家に帰ってからコーヒーで頂きました。

周りはサクサク、中心はしっとりふわっと。

大当たりのマドレーヌと出会いました。

 

お店の名前は、

f:id:kao0707:20190430080504j:plain

です。

つばめグリル・和風ハンブルグステーキ

2020年12月に閉館する原美術館

常設展示の奈良美智さんの作品を見に行きました。

f:id:kao0707:20190425015357j:plain

 

f:id:kao0707:20190425015812j:plain

 

品川駅からの徒歩も気持ちのいい季節。

イチョウの赤ちゃん。タンポポ綿毛。お金持ちになれそうな黄色い花の生垣。。。。

f:id:kao0707:20190425015441j:plain
f:id:kao0707:20190425015534j:plain

 

f:id:kao0707:20190425015604j:plain

 

帰りがけに品川駅高輪口の“つばめグリル”に寄って遅お昼。

ここの一番人気は「つばめ風ハンブルグステーキ」らしいけど、アルミホイルに包んで焼くところが私的にアウト。

f:id:kao0707:20190425015630j:plain

 

で、「和風ハンブルグステーキ」を注文。

鉄板でジュウジュウ言っている熱々はとても美味しかったです。

ハンバーグの下には新玉ねぎがたっぷり敷いてあり、ジャガイモもまるごと一個ついている。

 

f:id:kao0707:20190425015645j:plain

 

サラダとコーヒーは家に帰ってから摂取して栄養バランスとりました。

 

底値の苺を美味しく食べる方法

COOPの 小粒または不揃い苺 を毎年買います。

苺はほぼこれ。

今、一番安くなっているかも。。。

1パック298円とか288円とか、

 

f:id:kao0707:20190420214341j:plain

 

洗ってヘタを取り、そのまま数個食べる。

f:id:kao0707:20190420214601j:plain

そのままどんどんほとんど食べてしまうこともあるが、

残りは粉砂糖を振り、ストロベリーリキュールを振りかけてしばらく冷蔵庫で寝かせる。

 

これで数段上の美味しさのデザートが味わえます。

パティシエの辻口博啓さんはショートケーキを作る時、

苺をこのようにマリネして使うのだそうです。

他のフルーツも粉砂糖+リキュールで美味しくなるそう。

 

翌日は朝のヨーグルトにも。。。

f:id:kao0707:20190420214527j:plain

 

そして今回思いついたのが、

この苺をつまみながら、アイス最中を食べる事。

勿論、アイス最中でなく普通のアイスクリームでもよし。

f:id:kao0707:20190420214014j:plain

なのでした。

 

千疋屋・グレープフルーツゼリー

 

前記事で老松・夏柑糖をご紹介しましたが、

これと双璧をなす洋風の逸品が 千疋屋・グレープフルーツゼリー

 

正式にはデラックスグレープフルーツゼリーと言うらしい。

 

 

f:id:kao0707:20190418034433j:plain
f:id:kao0707:20190418034515j:plain

ブルーのパッケージも可愛らしく。。。

前は箱に入れてくれたと思ったけど?

まあ可愛いからいいでしょ。

こういうブルーは赤と最高の配色だと思っています。

 

f:id:kao0707:20190418034553j:plainこちらが デラックスグレープフルーツゼリー

もうこれは どなたが召し上がってもご満足の一品でしょう。

 

銀座7丁目に千疋屋があったころ、銀座に行けば7丁目で必ずフルーツパフェを食べ、お土産にグレープフルーツゼリーでした。

7丁目のパフェは美味しかったなあ💛

店内は天井が高く、広々していて、お客さんもあまりいなくてゆっくりした時間が楽しめました。

 

今は4丁目の千疋屋で必ずフルーツパフェですが。。。

いつも混んでいますなあ。

席に着くまでに、必ず並んで待ちます。

このゼリーを買った時は2階のパーラーから1階のショップまで階段にズラーっと並んでいたのでさすがにゼリーだけ買って帰ってきました。

 

--------------------------

かつての話

 

7丁目のお土産のグレープフルーツゼリーを母と食べながら、「私が入院した時のお見舞いはこれね!」と言っていたのに

 

出産で入院した時も

脳腫瘍で入院した時も

このグレープフルーツゼリーにはとうとうお目にかかれませんでした。

 

とにかくみんな私みたいに食べることに執着がないのね。

私が逆の立場だったら、こういう事だけは覚えていてお見舞いに持っていくけど。。。

私がこだわって持っていく程には 受け取った病人は嬉しくないのかもしれない。

世の中うまくいかないもんだとつくづく思います。

 

脳腫瘍の時は季節が5・6月でした。

私が「リンゴが食べたい」と言ったら

「〇〇〇(私の名前)、今リンゴの季節じゃないのよ」といって母はやっぱり持ってきてくれませんでした。看護婦さんも「そうだ。そうだ。」の合いの手。

季節じゃないのはわかっているけど,

リンゴくらい いつでもスーパーにいけば売っている世の中なのに。。。

 

つい、思い出して書いてしまいましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老松・夏柑糖

用があり、 新宿三丁目世界堂へ。

もう4月も十日過ぎなのでもしかしたら夏柑糖が売られているかもしれないと思い、伊勢丹に寄ってみました。

ありました。

 

老松の夏柑糖。

純粋種の夏みかん果汁と寒天をあわせ、再び皮に注いで固めたお菓子。

夏柑糖という名前から、7月ごろ思い出して買おうと思ってももう売ってないんです。

4月から作り始め、その年の夏蜜柑の収穫高によって終了時期はまちまちだそうですが。。。

 

原種の夏みかんの確保がたいへんみたいです。

今時あの酸っぱい夏みかんを食べる人はなかなかいませんよね。

夏みかんは甘夏にほとんど作付け転換されてしまったそうです。

でもこの夏柑糖は夏みかんの酸っぱさが決め手となりサッパリした酸味の美味しさです。

 

f:id:kao0707:20190412003248j:plain
f:id:kao0707:20190412003328j:plain
f:id:kao0707:20190412003459j:plain

夏みかんを丸ごとくり抜いて中に詰めてあります。

 

f:id:kao0707:20190412003536j:plain
f:id:kao0707:20190412003607j:plain

半分にして、お風呂上りにつるっと食べてしまいました。

美味しかったあ💛💛

 

残り半分は明日のお楽しみ💛